<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧




変化

夏の終わり頃から、体調がイマイチ…
気力も落ち気味のワタクシですが、
カイとの練習はぼちぼちと続けています。

JOKERでのデモンストレーション&トレーニングは、
適度な本番状況を作ることが出来るので、
カイの変化を見るのには、なかなかいい感じ。
体育の日のプチイベント。
カイと気楽にデモンストレーション…のはずが、
いつも練習している状況にもかかわらず、
お客さんの方へ私の方が意識を向けた瞬間、
またまた頭を振る動きが数回…

うーん、これくらいでも「見せる」という状況に対して、
少なからずストレスを感じているようです。

声が出たら、とりあえず動きを止めて、
お客さんに「なぜ、止めたのか」を説明。
こんな時は、自分でデモンストレーションを進められるのって便利ですね。
何度か、止めて私だけ動いてみたり、
トリック単品だけを見せたり。
で、そんなこんなで、30分ほど動いている間に、
カイのテンションも落ち着き、最後はほぼ吠えずに1曲通せました。

うーん、本番前にこれくらい動かさないと、良いテンションにはならないのかなぁ。

次回のデモは、吠えたら座らせて私だけが動けるように
ルーティンを変えようと思います。
本番吠えの繰り返しは、これ以上積み重ねたくないので…
って、うまくいくかしら。

さて、そんな感じで相変わらず地味練習をしている私達ですが、
カイに、ちょっと変化が。
落ち着かせるため、またマッサージのため、
身体に触れる場面が増えてから、
家でも私に自分から密着しに来ることが増えたのです。
甘えっ子な部分もあるくせに、家ではあまり私にべったりにならないカイ。
一人でクレートや、玄関で休んでいることが多いのですが、
意識的にカイに触れるようにし始めてから、
カイが私にくっついてくることが増えた気がします。

触れることの安心感が、意識されてきたのかな、と、
良い方に考えたいと思うのですが。
どんなものでしょう?
「手当て」という言葉のとおり、これが吠えの「手当て」になるといいなぁ。
[PR]



by elf_no_sippo | 2010-10-17 21:50 | ダンス♪

8歳になりました♪

はなの8回目の誕生日です。

f0189490_0193921.jpg


今年も、Lovinaさんにケーキを作っていただきました!

f0189490_0193023.jpg


最初にケーキをお願いしたのが、2歳の時。
もう6年もたつんですね~

最近のはなさん、
ずいぶん甘えっ子になりました。
もともとクールでマイペースな、
コーギーらしくない犬でしたが、
歳のせいなんでしょうかね。

甘えてくれるのは嬉しいけれど、
歳を感じるのは、ちょっとさびしい。
でも、まだまだ「若い者には負けない」気合はかなりのもの。

これからも元気で、いつも私の横にいてね♪
[PR]



by elf_no_sippo | 2010-10-09 00:20 | 日々のこと

ありがとうございます!

「吠えと向き合う」の記事に、コメントを寄せてくださった皆様、
本当にありがとうございます。

早速に、励ましやアドバイスをいただいて、
じわっと涙しました。
一つずつのコメントを、何度もかみしめながら読ませていただきました。

また、いつも練習を見てもらったり、
感想を聞かせてくださる方の声も、とても励みになっています。
支えてくださる方々がいるから、
続けていくことが出来るのだと思います。

本当は楽しく踊りたくて始めたのに、
実際には、私とカイの思いがかみ合わず、
練習でも本番でも、私もストレスを感じ、またカイにもストレスをかけているようで
日々、本当に悩んいます。
結果に一喜一憂するのは、ハンドラーだけで、
カイには関係のないことなのに、
そのことで追い詰めてはいないだろうか、と。

もっと自由に好きな散歩が出来たり、おもちゃで遊んでいるだけの方が、
カイには幸せなのではないかしら…

フリースタイルを続けていくこと。
これがカイとのコミュニケーションの正しい道なのか、
まだまだ答えは出なさそうです。
まだまだ悩むと思います。
フリースタイルでの吠えと向き合うには、相当の覚悟も必要かもしれません。

でも、影に日向に見てくださっている方々の声を支えに、
もう少しがんばって、良い道を見いだしていければと、
あらためて感じることが出来ました。

本当にありがとうございました!!
これからも、見守ってやってください。
そして、声をかけてやってくださいませ♪
[PR]



by elf_no_sippo | 2010-10-08 10:42 | ダンス♪

触れる

JOKERでの仕事の日、
デモンストレーションがてら、犬たちとトレーニングをすることがあります。
待機場所から、カイとトレーニングルームに移動する時、
彼はいつも、とっても落ち着いて歩いてくれます。
トレーニングをすることを期待しているようです。

その移動でエレベーターを待つ間、何も言わなくても
カイはちゃんとヒールポジションに入って、私の顔を見上げます。
その時、私は「いいこ」とカイの頭を軽く撫でます。
それで充分、カイは落ち着いて満足しているように思います。

ところが…
トレーニングを始めると、カイのテンションは一気に上がり、
息つかいがはぁはぁとし、そのうちに一声出てしまいます。
で、いきなり中断…

どうして、興奮してしまうんでしょう?

出来たことへのフィードバックとして、
またアテンションを維持するためにも、
トレーニングではトリーツや、ボールやロープを報酬として使っています。
カイは、そのどれにも非常にテンションがあがります。
報酬がいつ出てくるか、期待しすぎて興奮しているようにも見えます。

あってることを伝え、なおかつ落ち着いてくれる報酬は、
もしかしたら、カイにとっては撫でること??
と思い当たり、今日はトリーツをあげる前に軽く撫でるようにしてみました。
気のせいか、いつもよりもトリーツをとる口が穏やかかも。
吠えた時も、中断してからマズル周りを軽くマッサージしたりして、
身体に穏やかに触れて落ち着かせてみたのですが、
今日のところは、割といい感じ。

「触れる」というツールをうまく使えるといいなぁ、と思います。
感情的にならないように、あくまでも穏やかに。
[PR]



by elf_no_sippo | 2010-10-08 01:16 | ダンス♪

吠えと向き合う

5月のペット博までは、解決してきたかに見えたカイの吠え。

6月のオプデス競技会以来、ふたたび再燃。

オプデス競技会でも感じたのですが、先日の駒沢のデモでも、
練習と違う、本番でのストレスが吠えを引き起こしているようです。

何がストレスなのか…
練習と何が違うのか…

練習では、吠えたら一時中断を徹底して繰り返しています。
だから、テンションがあがって一声出してしまうと、
カイは自分から「まずい!」という表情をします。
そして、その場で座らされるか、時にはハウスに退場して、
しばらくタイムアウト。

それを繰り返して、練習後半にはいい感じになってくる、というパターンが多い。

では、本番は?
そう、声を出してもそこでタイムアウトを取れないのです。
もしかしたら、カイにとって、それが逆に混乱を引き起こしているのかもしれない。
そんな風にも感じられる、先日のデモでした。
練習では、一度止められるからそこで興奮が少し落ちるのに、
でも、本番はそのまま続けてしまうため、自分でどうにもできず
一方的に興奮があがってしまう。
まるで抗議するような連続の吠えは、
「自分では止められないから、なんとかして」という、
カイの助けを求める声のようにも聞こえてしまうのです。



練習方法から、見直すべきなのでしょうか。
興奮しやすいカイの性格から考えて、ここまでがんばってくれていることでも、
充分な気もします。
吠えるたびに、練習を中断する時に感じる私のストレスが、
カイに、はね返っているのかもしれません。

もう5歳、されどまだ5歳。
焦らずに、もう1度きちんと吠えと向かい合わねば、と思います。
小手先だけの解決ではなく、根本的な解決の道を探っていかねば。
その時に、フリースタイルの本当の楽しさを感じることに、
少し近づけるのでは、と希望を持って。

まずは、内面から。
ということで、レメディとアロママッサージを始めてみました。
はなには、以前レメディを使って効果があったように思うので、
カイにも変化が出てくるといいのですが。

f0189490_23451772.jpg

[PR]



by elf_no_sippo | 2010-10-07 00:07 | ダンス♪

動物感謝デー 

10月2日、駒沢公演で開催された
動物感謝デー。
カイ、HOKUと共に、
フリースタイルのデモンストレーションに参加してきました。

f0189490_2375684.jpg


デモに参加したのは、6人11ペア&ディスクペア。

皆さん、衣装も華やか。
デモの場面でも堂々としていて、素晴らしかったです♪

さて、デモの出来は…といえば。
デモンストレーション初参加のHOKUは、
意外にも、私から離れられないことが判明。
もっとフラフラと、におい嗅ぎに行ってしまうかと思っていたら、
離れるどころか、カンバイ、アウェイもぜんぜん距離がだせず。
目安に置いた小道具の椅子を回ってくることも出来ませんでした…
見せ場のほふく前進も、ほとんどできず(泣)
ぎりぎりまで、トリーツを持って出るか迷ったんですが、
結局、持たずにリンクへ入ったのが裏目だったかも。
ほふく前進で、一つあげておけばできただろうな。

結局予定外で、最後に2つ目のバックジャンプを入れられたのが、
私的には収穫だったかと。
環境への反応が、まだまだ読めないHOKUさん。
去年のカイのように、これから環境慣れをがんばらねば。

ルーティーンの中で、私の足に左足をかける動きが、観客から受けていたので、
これは、HOKUの持ち技として使っていければいいなぁ。

そして、カイ。
新曲「You Raise Me Up」にしてから、連続吠えはなくなり、
前日の練習でも、「このくらいできれば合格かな」というくらいのできだったのですが…
そして、本番前のリンク慣らしでも、適度な集中で大丈夫かと思ったのに…

本番、曲が始まってからまもなく、少しずつ声が出てきて
結局連続吠えが再発(泣)
やることは一通りやれたけど、せっかくの感動的な曲がこれでは台無し。
なぜか、最後のヒールバックから静かになり、最後だけは無事に収めた感じですが。

吠えながら、何度も頭を振っていたカイ。
耳に虫が入った時のような感じで、頭を振っては吠え、頭を振っては吠え。
6月のオプデスの競技会でも、吠える前に首をしきりに掻くカーミングが出ていたので、
気にはなっていたのですが。

子犬の頃から、少しイライラすると、背中を床にごろごろつけて掻く癖があったカイ。
最近は減ってきていたけど、かなり出るカイのストレスサインです。
競技会でも、今回のデモでも、出ている形は少し違うけど、
身体が痒くなるのは、なんらかのサインなのだと思うと、
曲を変えたり、ルーティーンを変えるだけで解決するものではないような気がします。
もう少し、根本的な問題なんだろうなぁ…

次々と開催されるコンペなども気になるけれど、
まずはこの問題ときちんと向き合わねば、と改めて感じたデモでした。

デモのあとは、テントを回ったりお好み焼きや餃子を食べたりと、
楽しんできました♪

次は、10月末の生命科学大でのデモ。
それまでに、少し改善できるといいのですが。

More
[PR]



by elf_no_sippo | 2010-10-06 23:41 | ダンス♪

明日

お天気も持ちそうな明日。
駒沢公園のデモンストレーションです。
見てくださる方が楽しんでくださるよう、
心を込めて演じたいと思います。

Mooseさんに最終チェックしてもらって、
気になっていた私の振りなどアドバイスしてもらいました♪

HOKUは、軽妙な感じをイメージ。
私の中では、リチャードカーティスさんの
ビリヤードのルーティンのような雰囲気をだせたらなぁ。
いえ、あくまで雰囲気ですが(笑)
見せ場は、匍匐前進とジャンプ、ビッグサークル…
流れはまだまだグダグダなところもありますが、
のびのびと演技できればいいかな。
ただ、このごろ、ちょっと声が出てきたので要注意!!

カイは、歌詞を表現することに重点を置いたルーティン。
「あなたがいるから険しい山にも登れる」は、前への動き、
「あなたがいるから嵐の海も渡れる」は、横への動き。
流れと、溜めと。
手の動きも、歌詞を意識した動きを入れてみました。
最後のポーズも、今までとは変えています。

カイが隣にいてくれるから、こうしてフリースタイルを楽しむことが出来る。
険しいこともたくさんあるけど(汗)
一歩ずつの動きに、その思いを込めて…


できるかな??(汗)

吠えたらだいなしなんですけど…

がんばってみます♪
[PR]



by elf_no_sippo | 2010-10-01 22:18 | ダンス♪

パートナー犬達との日々をめぐるひとりごと
by elf_no_sippo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧